毛じらみ 頭しらみ

毛じらみと頭しらみは違う!?

頭皮が痒くなるのが頭しらみ症、陰毛の生えている部分の皮膚が痒くなるのが毛じらみ症と言われていますが、患部以外で何か違いはあるのでしょうか?

 

個人的には、同じしらみが原因で寄生場所が違うだけだと思っていたのですが、毛じらみと頭しらみは同じしらみには属しても種類は違うみたいです。

 

ただ、そうとは言ってもどちらもしらみであることに変わりは無いため治療薬としてはアタマジラミにスミスリンを用いれば事足りるとのことでした。

 

しかし、毛じらみ症と頭しらみ症でどちらが厄介なのかと言えば、断然後者だそうです。

 

なぜなら毛じらみ症は症状の規模がたかが知れているからです。

 

確かに、陰毛の範囲なら、ちょっと時間をかければ毛じらみの成虫や卵を全部指で摘み取ったり櫛で梳き取ったりこともできますし卵諸共手っ取り早く駆除するために全部剃り落としたところで、1か月もすればまた生え揃いますからね。

 

それに患部の場所が場所なため、感染経路も実質性交渉に限られると聞きます。

 

一方、頭しらみ症はタオルやシーツなどの共有という間接的な接触でも感染し得ると同時に、スミスリンシャンプーを使わなければ痒みの症状は悪化の一途だそうです。

 

同じしらみが原因でも、ここまで違うものなのですね。

 

アタマジラミ004

 

小学校でのアタマジラミの感染経路は?

 

夏のプールの期間が始める前、よく小学校からアタマジラミについての注意プリントが配られます。
アタマジラミの感染について小学校でも警戒しているけど、保育園や小学校では発生しやすいものです。
自分も子供がプリントを持ってきた時には、一応念のために、髪をチェックするようにしています。

 

クラスの中や、仲良しの子供の間で、アタマジラミが流行していなければ、普通はあんまり感染することもないと思います。
やはりアタマジラミに感染してしまうのは、たまたまアタマジラミの子が使ったプールの共有ロッカーを使ってしまった時とかです。
アタマジラミは水中では感染しないと言われています。

 

運が悪いと、アタマジラミに感染してしまうので、注意をしていても、感染してしまう時には、感染してしまうものです。
万が一、アタマジラミになってしまった時には、とにかく早くスミスリンシャンプーで駆除することです。
家庭の中で、アタマジラミの感染が広がらないように、掃除と洗濯物は徹底して行わないといけません。

 

また、アタマジラミの感染者と、寝具やブラシ・櫛などの共有は絶対にやめましょう。
それぞれ自分専用の櫛やブラシを持っている家庭の方が、家庭内感染はしにくいです。

 

アタマジラミ0048