アタマジラミ 感染原因

アタマジラミの感染原因

 

アタマジラミの感染者の使用したシーツと非感染者の洗濯物は一緒に洗わない方が良いと言われている原因は、アタマジラミが水では簡単に死なないことからです。

 

特にアタマジラミの卵は水では駆除しきれないことが多く、熱湯消毒やアイロンを使った高温処理をしないと、なかなか死にません。

 

そのため、何も工夫をせずにいつものように洗濯物を一緒に洗っていると、アタマジラミを家庭内に広めてしまう原因となるのです。

 

そして、頭ジラミで強烈な痒みに悩んでいる人は、皮膚科へ行くことをおススメします。

 

やはり皮膚科の薬を使ったほうが、頭皮の痒みは効きますね。

 

頭皮って、すごく微妙な場所だから、市販の軟膏やクリーム状の痒み止めでは、頭皮がベタベタしてしまって、あまり役立ちません。

 

ところが、皮膚科の場合は、頭皮に使ってもすっきりするローション状の痒み止めを処方してくれるので安心です。

 

また、飲み薬で体内からもケアしてくれることもありますので、痒みが酷い時には、皮膚科へ頼ってみるのも良いと思います。

 

ただし、皮膚科は、全員が通わないといけないほどではありませんので、自分で症状を見ながら、自己流のケアをするのか、病院で治療するのか、よく考えた方が良いですね。

 

アタマジラミ006

 

アタマジラミは早く完治させよう!

 

アタマジラミは寝室のシーツに落ちることが多いです。
そのため、アタマジラミになったら、毎日シーツを変える必要が出てきます。
寝室のシーツ交換って、ホテルでは当たり前になっていますが、正直家庭では、それほど毎日交換している人は少ないと思います。

 

そのため、シーツ交換が必要となると、家事の負担がどっと増えます!
働いているお母さんの場合なんかは、シーツ交換やシーツの熱湯消毒もして、それから子供の洗髪やシラミ取りもやらないといけないのですから、相当な負担です!

 

共働き家庭の場合、どっちかが子供の洗髪やシラミ取り担当、どっちかがシーツ交換や洗濯担当と、役割分担をしたほうが安心です。
何でもかんでも、子供のアタマジラミを、お母さんが一人で解決しようと思うと大変です!

 

お母さんが専業主婦の場合は、一人で全部することも可能ですが、働いているお母さんの場合は、負担が大きすぎます!
日々の食事の支度などもありますので、やはり旦那さんに協力をしてもらい、アタマジラミによる負担を分担しましょう。

 

アタマジラミはスミスリンシャンプーを使っていれば、大体は1週間くらいで完治できますので、しばらくの間の我慢です!
少しでも早く完治させるようにしましょう!

 

アタマジラミ0051