アタマジラミ 坊主

アタマジラミの完治は長い!

 

アタマジラミの完治までの期間を短くしたい場合、『坊主』が一番の解決方法になります。

 

髪が長い人の場合は、成虫が髪に卵を産み付けるので、成虫を殺しても、卵まで完全に駆除する期間は長くなりがちです。

 

でも、坊主にしてしまえば、成虫は肉眼で処理できますし、成虫が卵を産み付ける髪も根元から根こそぎ切ってしまうので簡単に処理できます!

 

ところが、坊主に出来るのは、やっぱり小さな男の子くらい!

 

女性や成人男性の場合、アタマジラミになったからと言って、簡単に坊主にできるわけがありません!

 

やはり坊主に出来ない人は、アタマジラミ専用のシャンプーなどを使って、しっかりと対処しないといけません。

 

アタマジラミの完治は、やはり髪を切ってしまうことが有効です。

 

髪が長かったり、多い人は、それだけアタマジラミの隠れ蓑となる範囲が広くなるので、駆除するのも大変になってしまいます。

 

女性は丸坊主とまでは無理かもしれませんが、髪を短く切った方が、やはり駆除が楽になります。

 

アタマジラミ専用のシャンプーを使っていても、なかなか改善が見られない場合は、髪を切ってみるのも良いと思います。

 

少しでもアタマジラミが活動できる範囲を減らすことも大事ですね。

 

アタマジラミ010

 

アタマジラミには掃除や洗濯の徹底を!

 

家庭内でアタマジラミが発生した場合、アタマジラミが駆除出来たと思って、すぐに添い寝を再開してしまうと、アタマジラミの再発につながる可能性があります。
そのため、アタマジラミの駆除が終わっても、しばらくは添い寝をしないなど、再発予防する必要があります。

 

小さな子供は、まだまだお母さんと一緒に寝たいという子も多いと思いますが、やっぱりアタマジラミが感染すると、大変ですので、一人で寝かさないといけません。
アタマジラミは落下すると、血を吸うことが出来ないので、2、3日で死んでしまいます。

 

しかし、落下してすぐに死ぬわけではありませんので、アタマジラミが生きているうちに、寝転んでしまったら、またアタマジラミがうつる可能性があります。
そのため、アタマジラミの感染者が寝ていた場所は、毎日シーツ交換をして、コロコロクリーナーや掃除機をかけておくと安心です。

 

やはりアタマジラミは油断すると、再発することも多いので、アタマジラミがいなくなったと思っても、しばらくは気を付ける必要があります。
アタマジラミは2週間くらいでいなくなることが多いですが、掃除や洗濯物の徹底は、しばらくは続けましょう。
すぐに止めて、また再発すると、がっかりしてしまいます。

 

アタマジラミ0057