アタマジラミ 添い寝

アタマジラミの感染者との添い寝はダメ

アタマジラミになってしまった人と一緒に暮らす場合、タオルや布団などの共有はやめましょう。

 

アタマジラミが家庭内感染する一番の原因は、やっぱり物を共有してしまうことです。

 

特にアタマジラミの人と一緒に布団で寝ることは自殺行為!

 

アタマジラミが感染しやすくなってしまいます!

 

やっぱりアタマジラミになりたくないのであれば、布団などを共有しないで、過ごすことが大事です。

 

また、アタマジラミの感染者が使ったものは、熱湯消毒してから洗濯をするのが基本です!

 

熱湯消毒が無理な場合は、ヒート式の乾燥機に入れて高温処理するか、アイロンをかけて高熱でアタマジラミの卵を殺す方法もあります。

 

私はアイロンがけが面倒だし、自宅の乾燥機が冷風仕様だったので、熱湯消毒でアタマジラミの卵を処理していました。

 

毎日毎日面倒ですが、熱湯消毒して、ちゃんと洗濯していたせいか、3週間くらいでアタマジラミの卵も全部見なくなり、完治することが出来ました。

 

アタマジラミの完治が遅れてしまう人は、やっぱり洗濯物や掃除をあんまりしないで、自宅内でアタマジラミをばら撒いている可能性があります。

 

洗濯と掃除を徹底すれば、アタマジラミは確実に少なくなるので、気を配った方が早く問題を解決できます。

 

アタマジラミ017