アタマジラミ 流行

アタマジラミの犯人探しは怖い

 

アタマジラミが流行すると、犯人探しって必ずありませんか?

 

うちの学校でアタマジラミが流行した時に「どこからアタマジラミが来たんだ」と、学校に詰め寄る保護者もいたそうです。

 

そりゃあ、そうですよね。

 

いきなり子供が学校からアタマジラミを持ち帰ってきたら、親は大変ですもん。

 

アタマジラミがどこから来たのか、やっぱりその原因となる人を特定したがるのもわからなくはないですね。

 

そして、その人は、ちゃんと本当に、学校に情報提供をしていたのか。

 

最低限、アタマジラミの感染予防対策をしていたのか。

 

そういう部分を確認したいっていう人はいますよね。

 

それでもアタマジラミが流行してしまったんだったら、しょうがないと私は思います。

 

でも、学校にもアタマジラミの情報提供をせずに、自宅でもアタマジラミの感染予防のために、出来る治療をしていなかったとか。

 

やっぱりアタマジラミの子供の保護者が、やるべきことを怠った結果、アタマジラミの感染が広がったのであれば、怒りたい気持ちになってしまうのも、仕方ないんじゃないのかなって思います。

 

やっぱり保護者が、どこまで努力をしてくれたのかっていうのは、大事なポイントだと思います。

 

学校に黙っているのは、アウトだと思います。

 

アタマジラミ015