アタマジラミ 発見

頭じらみの意外な第一発見者

 

頭じらみは自分で気づかないことも多いので、意外に美容院などで「頭じらみがいますよ」って言われて、初めて気づく人もいますね。

 

頭じらみを完治するには、意外に美容室でパーマーやカーラリングの時に使われる加温機などで高温を与えると、成虫なんかは弱いみたいですね。

 

ただし、殻の硬い頭じらみの卵はそうはいかないので、気を付けないといけないようです。

 

そのため、頭じらみの卵を駆除するためには、洗濯前に熱湯消毒をすることをおススメします!

 

頭じらみの卵は、スミスリンのシャンプーなんかでは、完全に駆除が出来ませんが、60℃以上のお湯に5分以上つけると、死滅するようになるので、洗濯前に熱湯消毒をしてから洗濯するようにすると、効果があります。

 

そのまま洗濯をするだけでは、頭じらみの卵が死ななず、数日後に孵化してしまう可能性があります。

 

頭じらみの卵の生命力はすごいものですよね。

 

やはり硬い殻で覆われている頭じらみの卵は、成虫と比べ物にならないほど、駆除が難しいです。

 

多くの人が、頭じらみの成虫ではなく、卵の駆除で苦戦しています。

 

熱湯消毒は面倒くさいかもしれませんが、頭じらみの卵の駆除では、大事なステップなので、省かないようにするのが大事です。

 

アタマジラミ012