アタマジラミ

シラミ駆除が長引いている3つの可能性(耐性シラミ、駆除の不徹底、再感染)

 

シラミ駆除は通常、2週間程度で終えることができます。

 

これは、日本でもっともポピュラーなシラミ駆除剤であるスミスリンの駆除期間。

 

2週間の間に、3日に一度薬剤を使用し、3度から4度に渡ってアタマジラミの成虫の駆除を行います。

 

駆除を繰り返さなければならないのはなぜかというと、スミスリンでは成虫の駆除効果は期待できても、卵への駆除効果が乏しいことが大きな理由です。

 

髪の毛についている卵が孵化するのを待って、薬剤を塗る。また待って塗るを繰り返し、およそ2週間駆除することで、アタマジラミから解放されます。

 

ところが、2週間薬剤を使用しても駆除が終わらないこともあります。

 

その大きな理由はおよそ3点。

 

・スミスリンに含まれる殺虫成分フェノトリンに、耐性を持つシラミがいる

 

・単純に駆除が徹底できていない。

 

・再感染の可能性への配慮が足りない。

 

アタマジラミ01

 

アタマジラミは昆虫の一種です。人に寄生すれば髪の毛の根本あたりにしがみついて、頭皮から吸血して生活します。そして卵を産み付けて繁殖するのです。

 

風邪のウィルスように、健康で抵抗力があればうつらないとか、一度かかれば免疫が働いてうつらないということはありません。

 

虫なので、接触する機会があれば誰にでもうつりますし、何度でもうつります。

 

だからこそしっかりと駆除を行うことが重要なのですが、それが難しいことがあるのです。

 

アタマジラミについての正しい知識を持っていれば、しっかりと駆除を終わらせることができます。

 

スミスリンに含まれる殺虫成分、フェノトリンに耐性を持つシラミがいる

近年、スミスリンに含まれる殺虫成分である、フェノトリンに耐性を持つシラミが確認されています。

 

スミスリンでは退治できないシラミがいるということ。

 

どうしてしっかり説明書に書かれてある通りに駆除したのに、シラミが残ってるんだろう。

 

そんなときは、薬剤耐性シラミがいる可能性を疑ってみてください。

 

これは真面目に駆除を行っていても失敗が避けられないことですから、大変悔しいですよね。

 

薬剤の使用に頼るよりも、念入りにコームでアタマジラミを取り除く行為を繰り返していればよいのかもしれませんが、小さいシラミが相手のことですから、運悪く駆除がうまくいかないことはあると思います。

 

薬剤に耐性を持つシラミがいるということを知らなければ、駆除が終わらない理由なんて思いもよりませんよね。

 

アタマジラミ02

 

単純に駆除が徹底できていない

 

これは薬剤耐性シラミと違って気を付けることで回避できる駆除の失敗の仕方ですが、それでも、仕方ないという気持ちもあると思います。

 

アタマジラミの駆除は、感染者がお子さんの場合では多くが保護者の方によってされると思いますし、大人であっても自力で駆除をするのは困難ですから、誰かに駆除をしてもらうと思います。

 

3日に一度、規則正しく駆除を行うことが難しいというご家庭も多いのではないでしょうか。

 

シラミの駆除と言えば、スミスリンを頭髪に使ってシャンプーし、コームで取り除けるものは取り除いてという地道な作業を繰り返さなければなりません。

 

しっかり髪を洗い、乾かすまでを考えると、一回当たりの駆除に1時間近くはかかってしまうのではないでしょうか。

 

この時間を、2週間の間にコンスタントに取るということが難しい状況というのは、簡単に考えられます。

 

多少大きなお子さんであれば、子ども同士で駆除を進めておくことができるかもしれませんが、徹底できるかと言えば難しいところ。それどころか、感染を広げてしまう可能性にすらなってしまう。

 

シラミ駆除はどうしても手間がかかるものですから、駆除が徹底できずになかなか終わらないという状況を責めることはできません。

 

アタマジラミ03

 

再感染の配慮が足りない

アタマジラミは接触によって感染します。

 

翅を持っている昆虫ではなく、跳躍力もないため、空気中を飛んで感染するということはありません。

 

その代わり、直接的な接触があれば簡単に寄生できるので、よくかたまって遊んだり、学校のマットや保健室のベッドなど、共有物の多い子ども間での流行がおこりがちです。

 

直接的な接触でなくても、宿主が利用しているタオルや寝具などを介して感染が広がることもありますので、子どもだけの問題でもありません。

 

そのことをよく知っていなければ、髪の毛についたアタマジラミの駆除は徹底できていても、衣類や寝具類のクリーニングは不十分で感染を繰り返してしまったり、感染を広げてしまったりする危険性があることが分かります。

 

家族内で感染のさせ合いも起こりやすいので、一度駆除が感染してもいつの間にか感染していた他の家族からまた感染を受ける、いわゆるピンポン感染が起こることもあります。

 

アタマジラミ04

 

薬剤を替えてみるのも一つの手です

これらの理由から、アタマジラミの駆除が予定通りに終わらないこともあります。

 

そんなときはどうするか。

 

地道ですが、専用のコームを利用し、文字通り虱潰しに駆除を続けるという方法があります。根気よく駆除を繰り返せば確実に終わりが見えるので、挑戦してみても良いかもしれません。

 

当然、お部屋のお掃除も小まめに行う必要があります。

 

もうちょっと楽に駆除を終わらせられないだろうかという方に別の選択肢を挙げるとすれば、海外製のシラミ駆除剤を利用するという手があります。

 

アメリカに拠点を置く、ドクターズチョイス社によるシラミンローションは、何らかの理由で駆除が長引いてしまっているという方にチェックしていただきたい商品。

 

シラミンローションの大きな特徴は、卵まで駆除できることです。

 

アタマジラミ05

 

主成分は特殊なミネラルオイルなのですが、これがアタマジラミの呼吸器を塞ぎ、約20分で窒息させるのと同時に、脱水状態に陥らせて駆除します。

 

脱水の効果は卵にまで影響するので、卵の駆除まで可能にできるのです。

 

また、毒によってシラミを退治するわけではないので耐性を持つということもなく、公式サイトによると、臨床実験で100%の駆除効果が確認できたと言います。

 

耐性シラミがいるかもしれない状況では試してみる価値がある製品ではないでしょうか。

 

とは言え、シラミンローションでも一度で完全にアタマジラミの駆除が終わるとは考えない方が良さそうです。

 

シラミは思っているよりずっとしぶとく、ローションが届かないところに潜んでいたり、寝具などから再感染したりなど、しぶとく感染が続いてしまう可能性はやはり考えられるからです。

 

よって、シラミンローションを使用する場合も2週間のうち3日置き程度を目安に、念入りに駆除を繰り返すのが正しい方法。お部屋のお掃除にも気を使いましょう。

 

アタマジラミ06
アタマジラミ07

 

セットで購入できるシラミンシャンプーもおすすめ

シラミンローションと併せて、シラミンシャンプーという製品も利用することをおすすめします。

 

シラミンシャンプーもやはり天然成分を利用しており、天然の殺虫効果が期待できるティーツリーオイルやペパーミントオイル、シラミに対して忌避効果を持つニームオイルが配合されています。

 

シラミンローションによって駆除された卵と成虫を洗い流すのに役立つだけでなく、まだ生き残っているシラミがいた場合、殺虫効果のあるペパーミントオイルとティーツリーオイルがとどめを刺してくれます。

 

さらにやはりセットで購入できるシラミ専用のコームで丁寧に死骸を取り除くという念入りの駆除を行えば、素早くアタマジラミの駆除を終えることができます。

 

アタマジラミ0001

 

また、シラミンシャンプーに含まれるニームオイルにはアタマジラミに対する忌避効果が期待できるので、シラミンシャンプーを利用することによって再感染を防ぐ確率が高まります。

 

シラミンローションは約20分放置する必要がありますから、一回の駆除にかかる時間は長くなってしまいます。

 

ただ、一回の駆除の効率が良いので、仮にコンスタントに時間が取れなくても駆除が長引くということは少なくなるでしょう。

 

アタマジラミ08

 

最後に

シラミンローションの特徴は、殺虫方法が殺虫剤によるものではなく、天然のナトリウム成分を利用し、脱水と窒息によってシラミの卵から成虫まで駆除することができるという点です。

 

肌に優しく、シラミには厳しいシラミンローションは、ときに長引いてしまうこともあるシラミ駆除の際の頼りになるアイテムになるはずです。

 

アメリカからの発送なので、注文から5日から7日ほどかかってしまうというデメリットはあります。

 

しかし、長引く駆除にしっかり歯止めを加えるために、ぜひ試してみてほしい製品です。

 

これらの製品は90日以内であれば完全返金保証がついています。

 

ローションの使用感や効果を試してみて、納得がいかなければ返品も可能です。

 

シラミ駆除に戸惑い家族内でも感染が広がってしまうのが心配。

 

加えて掃除まで完璧にやるなんて・・と思う方は、いちど試してみてはいかがでしょうか。

 

アタマジラミ09
アタマジラミ10