前へ
次へ

労働相談を行うべき理由

地方では石屋や遺品整理業者が儲けやすいというシステムになっていますが、会社が保証人となり、天涯孤独で勤務した場合に手配される傾向にあります。
都会でも同じケースが浸透しているようです。
労働相談を行っても改善されないまま、システムに則り、棺桶屋や遺品整理業者が儲かる、という一連のフローは改善されません。
地方でこのような仕組みになっている原因としては、裁判沙汰にできないことが挙げられます。
都会だとトラブルが発生した場合、労働相談を行い、改善されなければ裁判にすればよいのですが、地方だと裁判にならないケースが多発し、生きて家に帰れない、ということになりかねません。
体力に自信のある人は地方に定住してもよいのですが、自信がない人は弱者が安心して住める都会に定住したほうがよいでしょう。
もし家に生きて帰りたければ田舎ではなく都会で勤務する、ということをおすすめします。
金銭面で有利になるのが地方ですが、地方で生きることのデメリットは多いです。

Page Top