前へ
次へ

労働相談を受けるときに

労働相談では、過労で労災を適用する前の状況からその身を救うことにあります。
遺品整理業者がお金を儲ける、ということになりかねません。
地方で多いのが、労働後に家に帰宅できず、遺品整理業者が儲かる、という仕組みです。
地方の人口が減少傾向にあり、高齢化が進んでいる地域ではさらに減少傾向にあるようです。
今は戦前と違い、純粋な日本国籍の日本人の人口も全体の2割程度と減少しており、国家が運営する必要性が薄れてきているのが特徴としてあります。
労働の内容は年々厳しくなっており、安く働いてくれる外国人を採用しやすい傾向にあるようです。
過労になってしまった場合も、国内就業したことが悪い、とされており、帰国できないと遺品整理業者が儲かる仕組みになっているようです。
地方では当たり前となっていることですが、都会でも徐々に浸透しているようです。
万が一の場合に備えて、労働相談は早めに行っておくべきです。
体調を崩してからでは遅いです。

Page Top